MENU

レジットカードに「キャッシング機能」も付いていることがほとんど

信販会社とは、消費者金融と販売信用に関わる企業で構成されている『消費者信用産業』の中で主に販売信用(クレジット)の業務を行っている会社の事を言います。

 

分割払いによる購入者からの集金や販売業者への代金立替え払い、クレジットカードによる商品購入のサービスなどを行っています。

 

信販会社は簡単に説明するとクレジットカード会社のようなものです。財布を開けると必ず1枚は入っている便利なクレジットカードですが、クレジットカードの機能はショッピング機能だけではないんです!

 

お金を借りられるようになった現在では、クレジットカードに「キャッシング機能」も付いていることがほとんど。融資額は100万円までと小さいですが、クレジットカード1枚でショッピングとキャッシング2つの機能を使えるようになります。

 

クレジットカードによるキャッシングは目的に応じて使い分ける事ができるので、キャッシング初心者の方も安心して利用できます。消費者金融のキャッシングはなるべく利用したくない方もクレジットカードのキャッシングを利用する傾向にあります。

 

信販会社のキャッシングは10万円コースや20万円コースといった融資可能額の種類によって決定されますが、金利は基本的にコース別に設定されることが多いようです。

 

より低金利で利用したいなら、高額の融資可能枠で申し込みすると良いでしょう!また、消費者金融と違い、申し込み初回時から高額の融資可能枠で申し込みすることもできます。

 

消費者金融のキャッシングは初回から大きな額の融資を受けることは難しく、借り入れと返済を続け、信用を得てから増額するかたちになります。

 

キャッシング機能付きクレジットカードに申し込む際は20歳以上であることを確認してください。20歳未満で申し込めるところはまずありません。

 

正社員はもちろん、契約社員や派遣社員、アルバイトやパートの方でも安定した収入があれば申し込むことができます!基本的に担保や保証人は必要ありません。

関連ページ

公庫等でお金を借りる
お金を借りるところと言えば消費者金融や銀行をイメージする方がほとんどだと思いますが、公庫等からもお金を借りることができます。
モーゲージ会社でお金を借りる
モーゲージとは簡単に説明すると《不動産を担保にした貸付》のことを言います。
銀行でお金を借りる
最近では銀行キャッシングでも急な出費に対応でき、審査も消費者金融が行っているので、現在では銀行のカードローンも消費者金融も同じようなサービスとなっていると考えて良いでしょう。
ゆうちょでお金を借りる
急遽まとまった資金が必要になった場合に、大切な貯金を解約せずに資金準備できる貸し付け商品をいくつか取り扱っています。
JA(農協)でお金を借りる
郵便局レベルの全国ネットワークで申し込みや手続きがしやすく、利便性も高い尿きょうでお金を借りる。
銀行系大手消費者金融でお金を借りる
消費者金融の利用しやすさと、銀行の安心感を兼ね揃えた【銀行系大手消費者金融】でお金を借りる
中小消費者金融でお金を借りる
一般消費者金融のキャッシングは全体的に見ても金利が高い傾向にあります。
個人(家族以外)からお金を借りる
知人や友人から借り入れする場合、信頼関係が築けているかどうかがポイントです。
個人(家族・身内)からお金を借りる
家族や身内といった個人に借り入れするのは恥ずかしいですし、勇気もいりますよね。