MENU

普段暮らしている家の中に不便が生じた時にお金を借りたいと思う

どうしてもお金が必要になった経験談です。

 

家の修理やリフォームでどうしてもお金が必要

築30年以上の家に建った時から住んでいると、次第に家の中の設備がぼろぼろになっていったり故障したりします。そのアクシデントが一気に来ると経済的にはかなりの負担になります。

 

我が家はそんなマンションの一室に住んでおり、今まで家の中の多数の場所を修理してきました。両親も年を取ってきており、収入もあまり期待できず、修理やリフォームにかかる費用はかなりの負担になります。

 

そういう風に急にお金が出ていくとなると、どうしてもお金が必要で借りなければいけなくなります。

 

家の中ってどこかにガタが出ると他の場所も一気に悪くなるものです。我が家では、換気扇を修理したと思ったら湯沸かし器、さらには電気のスイッチなど、ここ数年で細かな修理を行ってきており、正直言って生活費が不安になってきています。

 

一気にお金が出ていった時と言うのは、お金を借りたくなくても借りなければならなくなってしまいます。お金がなければ生活を送れないんです。

 

両親が若い時には私や兄の教育費や生活費だけで済んでいたお金も、今では家の中の修理で出ていくようになり、どうしてもお金が必要ということになってます。年をとる両親のために家の中をバリアフリーにしたいとも思うし、生きているとお金って必要な時ばかりなんだとつくづく思います。

 

普段から節約をしてお金に困らないようにしている私の家族がお金を必要とする時とは、普段の生活で不便が生じた時。私生活で唯一落ち着ける場所である家の中が不便な設備ばかりだとストレスになってしまうから、修理したい部分が出た時は、素直にお金を借りたいと思ってます。

 

以上、どうしてもお金が必要となった体験談でした。

 

お金が必要な時ってどんな時?へ

関連ページ

家族が癌にかかり、高額の支払い
家族が癌にかかり、高額の支払いに困りましたが、キャッシングでお金を借りました。
急な葬式ですぐにお金が必要に
家族が急に亡くなって葬式のお金がすぐに必要になり家族の誰もが貯金もなく困ったときがありました。
マンションの更新費を支払わないといけない
明日までにお金を振り込まないと、このマンションから出ていかないといけないと言われました。
至急・突然に必要となった怖いお金
祖母の国民保健や税金が支払われていなくて至急お金が必要となりました。