MENU

急に手術費用が必要になったので身内からお金を借りた

手術費用で身内からお金を借りる

社会人になって間もない頃、人にはあまり言いたくない婦人科系の病気であることが発覚して、手術をすることになりました。職場には、病名を伏せた上で手術を受けることを正直に話し、一週間の休暇を取らせてもらうことにしました。

 

急に手術費用が必要になったのですが、一人暮らしを始めたばかりの私は、殆ど貯金が残っておらず、かといってそのまま病状を放置するわけにもゆかず、本当に困りました。

 

親に心配をかけたくなかったので手術のことは黙っていようと思ったのですが、むしろ言わないほうが後で迷惑や心配をかけてしまう可能性があるのではないか?と考え直しました。

 

例えば私が消費者金融から一時的に借金をして、もし手術がうまくゆかず入院が長引いた場合は、借金の返済が滞るかも知れないのです。お金を他人から借りる時は、そういう可能性も視野に入れた上で借りる計画を立てないと、人生設計そのものがおかしくなってしまう危険性があると感じました。

 

そこで、自分の体調のことを実家の母に正直に打ち明けました。すると母のほうから「一人暮らしと仕事を始めたばかりでお金がないでしょう?手術はいくらかかるの?」と声をかけてくれました。後日、入院準備の手伝いと見舞いに来てくれた母には、感謝の気持ちでいっぱいでした。

 

あの時だけは、親に甘えて借金してしまいましたが、やはり消費者金融などに借りたりしなくて良かったと思っています。今はその時に借りたお金も全額返済済みですが、今度は私が親孝行する番だと思っています。

 

身内からお金を借りるへ


関連ページ

返済期限を自由に決められる
圧倒的に身内からお金を借りる方が借りやすいと感じます。その理由は、返済期限などの約束も自由に決められることです。
もちろん身内のほうがいいに決まっています
困った時、お金を借りないといけなくなった時には身内から借りたいです。そのほうが気軽だと思います。