MENU

免許証さえあればいいの?

運転免許証さえあれば、お金を借りることができると聞いてビックリする人はいるかも知れませんね。

 

運転免許証

しかしカードローンの場合は運転免許証さえあれば契約してお金を借りることができる場合があるんですよ。

 

しかも免許証の写真を撮ってアップロードやネットから送信するだけなので、本当に手続きが簡単なんです。

必要書類

カードローンは無担保・保証人不要なので、カードローンに申込に必要な書類は運転免許証と収入証明書類だけなんです。

 

ネットから申込めば、ネットで契約ができるので契約書に印鑑を押す必要もありません。

 

しかも、50万円以下の利用で、かつ他の借入と合わせても100万円以下なら、収入証明書類の提出は不要となっています。

 

つまり、カードローンの利用が初めてで、50万円以下の金額を希望するなら、必要なのは運転免許証だけなんです。

 

はい。運転免許証でお金を借りることができるのです。

 

がしかし、書類は提出しなくても収入金額や勤務状況は伝えなければなりません。

 

当然のことならが安定した収入がないとカードローンでお金を借りることはできないからです。

 

一定の収入のない人が運転免許証を見せただけでお金を借りることができるハズがありませんから・・・。

 

もちろん運転免許証を担保にお金を貸してくれるハズもありません。

 

運転免許証を担保にお金を貸すなんてのは、それは違法ではないでしょうか?よく分かりませんが。

 

他人の身分証明書に価値があるとすれば、それはやはり犯罪での利用ですよね・・・。汗;

 

運転免許証は自分の身分を証明するためのものであり、カードローンでは本人確認のために利用されます。

免許証がないなら

とはいっても、中には運転免許証を持っていない人もいるでしょう。

 

その場合は、ほとんどのカードローンでパスポートで代用できます。

 

パスポートには運転免許証同様に住所・氏名・性別・顔写真が載っています。

 

カードローンでは本人確認を行う書類には顔写真が載ってないと原則ダメなんです。

 

これはカードローンに限らず、例えば銀行口座を作るときにも顔写真の載っている証明書がないとできないことになっています。

 

もし免許証がなければ、マイナンバーカードを作れという話になります。

 

でもカードローンの場合は、マイナンバーカードは逆に使用することができません。

 

個人番号の入っている書類はダメなんですよね。

 

収入証明書類も、もし源泉徴収票などに個人番号が記入されている場合は、その部分を黒塗りなどで隠してから提出しなければなりません。

 

では、カードローンの申込で運転免許証もパスポートもないときはどのようにすれば良いのでしょうか?

 

それは2種類の住所氏名が確認できる書類があればOKなんです。

 

例えば身分証明書として運転免許証の次に多く使われるのは保険証でしょう。

 

保険証には顔写真がありませんから、のうひとつ住所氏名が証明できる書類が必要となります。

 

例えば、住民票の写しですね。

 

役所にいけば300円は必要になりますが住民票の写しを発行してもらえるので、それを保険証を一緒に提出すればOKです。

収入証明は不要?

意外かも知れませんが、消費者金融の場合は50万円以下の借入なら収入証明書は原則不要です。

 

原則というのは、審査の過程でもし勤務状況などから収入の確認が必要と判断されれば提出を求められることがあるからです。

 

収入証明書が不要だかといって、偽った収入額を申告すると、提出を求められるかも知れません。

 

だいたい、どこの会社の、どの年齢なら給料はどのくらい・・・的なデータって大手消費者金融なら持っていると思いますからね。

 

一度、間違った収入等を出してしまうと信用が落ちて、他の消費者金融にも信用情報は共有されますので、どの業者からも審査に通らなくなる可能性があるので注意しましょうね。

 

不要でも提出するくらいの気持ちでカードローンを申し込むようにしましょう。

 

お金を借りることは、信用されることなのですからね。