お金を借りる 親にばれない

MENU

親に隠す必要性

カードローンなどでお金を借りることは、できれば親にばれるのを避けたい人は多いことでしょう。

 

怒る親

住宅ローンやマイカーローンでお金を借りることを親や家族に内緒にする人は少ないと思います。

 

なのにカードローンになると秘密にしておきたいと思うのは何故でしょうか?

 

今ではテレビCMでも消費者金融だけでなく銀行が普通に宣伝している商品なのにです。

 

しかしまた、弁護士事務所も同じように過払い金請求をテレビCMで宣伝している面もあります。

 

昔は法律上の金利にグレーゾーンがあって、そのころは良かったもののグレーゾーンの廃止によって、その頃に支払った利息までも返還してもらえるからですよね。

 

サラ金ブームの頃は自己破産した人も多いですし、借金の取り立ても違法に行われた時代があります。

 

そんな時代を生きてきた親などの世代に対しては特に黙っておきたいことなのかも知れませんね。

 

生計を一緒にしている親なら家族として、マイナス面を知られたくないという思いはあるかも知れません。

 

しかし親から離れて一人の大人として、親にとやかく言われる筋合いはないと思うのですが、そこはやはり血の通った親ですから心配するのでしょう。

 

お金を借りることで親に変な心配を掛けないという配慮の面もあると言えばあるでしょうね。

 

いずれにしても、お金を借りることを親にばれたくない人のほうが多いことは間違いないですよね。

 

カードローンは親にばれない

一緒に住んでいなければ、きちんと返済している限り親にばれるということはまずないでしょう。

 

しかし同居していれば、財布の中のカードを見られたり、郵送物が届いてばれる可能性はなくもありません。

 

逆にいうと、カードと郵送物がなければ、あとはお金を借りれている現場やATMの明細を見られなければ良いのです。

 

カードは持ち歩かずに、借入は振込キャッシングでやればいいですし、今はカードレスのカードローンもあります。

 

利用明細はWEB明細にすれば、郵送物を無くすことも可能となっています。

 

モビット

「WEB完結申込」という、カードレス、電話連絡なし、郵送物なしの商品があります。

 

ただし、誰でも申込できるわけではなく、申込の条件がありますので、公式サイトで確認してみてください。

 

プロミス

プロミスもカードなしにすることが可能で、郵送物なしにすることも可能です。

 

こちらはモビットのような申込条件は基本的になく申し込むことができます。

 

アイフル

カード発行は必須ですが、ネット契約なら配達時間指定の本人限定受け取りサービスがあります。

 

カードを持っていても振込で借り入れることが可能なので、カードを持ち歩く必要はありません。

 

 

親にばれないでカードローンを契約して、お金を借りる方法は他にもありますので、親にばれないでお金を借りたい人は商品の特徴をよく調べてみてはいかがでしょうか。

 

親にばれない

関連ページ

安全に借りる