お金を借りる 会社にばれない

MENU

会社への在籍確認電話

カードローンなどでお金を借りる場合、会社にばれないか心配な方は多いでしょう。

 

会社に電話

それは何故かというと、審査のために会社に在籍確認のための電話があるからですよね。

 

郵送物が会社に届くようなことは、まずないでしょうが、電話連絡は基本的にあります。

 

そこで、カードローンでお金を借りることが、会社にばれないためにはどうしたらよいのか、その方法を考えてみいと思います

スピーディーな審査

銀行と違って消費者金融のカードローンは非常にスピーディーな対応で、最短30分審査や最短1時間融資などをうたっています。

 

そんな早い審査のために、勤務状況を確認するのはやはり電話が一番早いんですよね。

 

ですから、会社の連絡先は代表電話のような番号ではダメで、職場に直に繋がり連絡がつく番号にしておかないといけません。

 

といっても、消費者金融の場合は会社名を名乗ることはなく、個人名で掛けてきますので一応心配はいりません。

 

銀行のカードローンの場合は、銀行名+個人名を名乗ることが多いようです。

 

また、本人が電話に出る必要も特になく、その会社で本人が働いていることが確認できればいいだけです。

 

例えば休みということであれば、いつ出勤するかを聞いて翌日に出勤するということが分かればOKです。

 

外出中であることが確認できてもOKです。

 

しかし休職中というのは給料が支払われ続けるかどうかの確認ができないので、ダメかも知れません。

 

もし本人がいれば本人に代って確認がされますが、そのときも基本的に「はい」か「いいえ」程度の答えで済むような質問をされるだけです。

 

でもやっぱり、個人名で掛けてきて応対がよそよそしいと、会社の人に誰からの電話なのか聞かれるかも知れませんよね。

 

なので、できれば会社にばれないためには会社への電話はないに越したことはありません。

 

実はそういうときには、在籍確認の方法を書類等でできないか相談するという裏ワザがあるのです。

在籍確認方法を相談

書類での確認は、会社名と個人名が書かれている保険証などによって確認されます。

 

ネットから申込んだら、すぐにオペレーターに電話をして相談するのです。

 

最初から電話で申込をすると、書類の郵送や無人契約機での契約など、後の手続きが面倒になるので、ネットで申し込んだ後に電話をすることがポイントです。

 

それに実はネットで申し込んだ後に電話をしたほうが優先的に審査をしてもらえるというメリットもあるんです。

 

相談にあたっては電話での確認を控えてほしい理由が明確であったほうが良いと思います。

 

例えば、私用電話禁止の会社なので、後で誰からの電話なのか必ず確認があるので説明しずらいとか・・。

 

希望に沿ってもらえないこともあるかも知れませんが、会社にばれないために、お願いしてみる価値はあると思います。

 

しかし実は、相談する必要もなく職場への電話がないカードローンもあるんです。

会社への電話なし

モビットの「WEB完結申込」なら、完全にWEBで契約まで完結するもので、職場への電話も郵送物もありません。

 

モビットをネットから申込む場合、通常の「カード申込」と「WEB完結申込」を選択できます。

 

通常のカード申込は、カードが発行されるタイプで、簡単な入力で申込ができますが、電話連絡等があります。

 

しかしWEB完結申込の場合は、詳細な情報を入力して申込む必要がありますが、電話連絡なしでカードレスなので郵送物もありません。

 

ただし、WEB完結申込には条件がありますので注意してください。

 

その条件とは、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っていて、社会保険証か組合保険証を持っている人に限られます。

 

申込条件をクリアしていて、絶対に会社にばれないように電話を掛けてほしくない人はWEB完結申込が良いですよね。

 

カードがないからといって、全くATM取引ができないわけではありません。

 

毎月の返済方法は口座振替(上記銀行口座のいずれかに限る)になりますが、スマホアプリを使ってセブン銀行ATMでの取引も可能です。

 

振込キャッシングのほかにATMでのキャッシングもできますし、追加返済も振込やATM取引で可能となっています。