MENU

とにかく早く借りたい

大手消費者金融のカードローンでは、「最短30分審査」や「最短1時間融資」をうたっています。

 

急ぐ女性

もちろんそれは、今から新規に申込んでお金を借りる場合のことです。

 

すでにカードローンを契約している場合は、最短10秒でお金を借りることができる場合もありますからね。

 

いずれにしても『最短』となっているのは最も早い場合なので、必ずしも申込んでから1時間でお金を借りれるわけではありません。

 

その時間は、申し込み方法や契約方法、借入方法などによって差が出てきますので、早く借りるポイントを抑える必要があります。

 

ここでは、『最短』でお金借りるためにはどうすれば良いのかを解説したいと思います。

 

もちろん、申し込みの過程でこちらに不手際があれば時間がかかってしまうので、そういう事はないのが前提とします。

 

また、申込む人のいろんな環境等によっても時間は違ってきますので、今自宅にいるとして、特別な条件は考えないこととします。

ネットで申し込む

カードローンの申し込み方法には、PCやスマホを使ったネット、電話、窓口やローン申込機、郵送などがあります。

 

ネットなら、どこにいても今すぐ申し込むことができるので、まずはネットから申込みましょう。

 

最短でお金を借りるのに、資料を取り寄せて郵送で申し込むなんてのは論外ですよね・・。

 

窓口やローン申込機がすぐ近くにあるのなら早く借りることは可能かも知れませんが、ネットにはかなわないでしょう。

 

電話は、契約が郵送かローン契約機になってしまうので遅くなります。

 

窓口に行けなくてもオペレーターと相談をしながらゆっくり申し込むのに適しています。

希望額を抑える

カードローンの申し込みに必要な資料は、本人確認書類と収入証明書類になります。

 

しかし、借入希望額が50万円以下(他社に借入があれば合わせて100万以下)であれば収入証明書類は提出の必要がありません。

 

審査過程で書類が増えると審査に要する時間も増えますし、借入額が大きくなるほど審査は厳しくなりますよね。

 

なので、必要最低限の書類だけで済み審査が簡素になるように、借入希望額50万円以下にしましょう。

 

必要な本人確認書類は運転免許証(またはパスポート)があればOKです。

 

免許証やパスポートの無い人は、保険証+住民票を用意しておきましょう。

電話をかける

申込む最初から電話をかけると、ネットで契約ができず郵送かローン契約機での契約となってしまいます。

 

しかし、ネットから申込んだあとに電話をかけるのが実は早くお金を借りるコツなんです。

 

他の申し込み者の状況にもよりますが、申込んだ順に審査されるので、審査の待ち時間ができてしまいます。

 

「最短30分審査」というのは待ち時間がない場合ですから、混み合っている場合は待ち時間だけで30分あるかも知れません。

 

でも、申込んだあとに電話をかけた場合は、優先して審査をしてもらえるのです。

 

これ、あまり知られていない裏ワザかも知れませんね。(といっても、ある消費者金融のホームページには、はっきりと書かれていますけどね。^^;)

 

ネットから申込めば、受付番号などがメールで送られてくるでしょうから、それをオペレーターに伝えれば良いのです。

WEB契約する

ネットで申し込んで審査に通れば、そのままWEB契約が可能となっていて、契約手続きの時間がかかりません。

 

ただしWEBで契約してカード発行がある場合は、基本的に郵送でのカード受け取りになりますので注意が必要です。

 

契約しないとお金は借りれませんので、『最短』で借りようと思うと、後日郵送でのカード受け取りが必要となります。

 

郵送で受け取りたくない場合は、ネットで申し込んで審査通過後、ローン契約機で契約と一緒にカードを受け取れば大丈夫です。

 

すぐ近くにローン契約機等がある人は、申込んだ後すぐにローン契約機に行って、審査通過の連絡を待って、そのままローン契約機で契約しても良いかも知れませんね。

 

このとき必要書類の提出はローン契約機からのスキャンとなりますので免許証等を持参しましょう。

 

また、モビットとプロミスはカードを発行しない「カードレス」も可能となっています。

 

ただし、カードレスにするためには申込み時の記入事項等が多く、時間を要する場合がありますので、『最短』ではなくなるかもしれません。

 

余談ですが、銀行のカードローンの場合はカードを受け取らないと契約できない場合もありますが、消費者金融はカードを受け取る前にネットで契約できるのがいいですね。

振り込んでもらう

WEBで契約ができればカードはなくても振込キャッシングでお金を借りることができます。

 

一般的な振込は平日15時までしかできませんし、手続きに要する時間も必要なので注意しましょう。

 

当日の振込をしてもらうためには、だいたい平日14時までに契約できていることが条件となります。

 

ただし、プロミスやアコムは24時間振込サービスもやっていますので、平日15時を過ぎても土日祝日でも大丈夫です。

 

24時間振込サービスは、プロミスの場合は三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座に限り、アコムの場合は楽天銀行の口座に限ります。

 

また、モビットはカードレスでもアプリを使った24時間ATM取引が可能となっています。

 

ただしモビットのスマホ取引が可能なのはセブン銀行ATMに限ります。

時間的制約

『最短30分審査』といっても、審査業務をやっていない時間に申込んでも無理な話なので、営業時間内に申込む必要があります。

 

金融会社によって営業時間は異なっていますので、公式サイトにて確認してください。

 

だいたい、審査業務時間やローン契約機の営業時間は9時から21時までとなっていますが、「最短30分審査」に関しては19時までとなっているところもあります。

 

ネットからの申込は24時間365日受け付けていますが、審査業務時間外の場合は翌日以降の審査になりますので、『最短』での借入はできません。