MENU

在籍確認のための電話とは?

カードローンでお金を借りるときに職場に電話があるということはご存じですか?

 

職場に電話

それは、本人が実際にその職場で働いているかどうかを確認するための電話なんです。

 

カードローンを申し込むときには、本人の電話だけでなく職場の電話番号も記入します。

 

それは、実際にそこに電話を掛けて、申し込んだ人がそこで働いていることを確認するためなんです。

 

ですから、この電話番号に会社の代表電話などを記入していると、連絡がつかず審査に手間取ったり、ヘタをすると虚偽申告とみなされ審査に落ちるかも知れません。

 

きちんと連絡のつく、職場直通の電話番号を記入しましょう。

 

職場に電話があったときに本人は必ずしも職場で居る必要はありません。

 

在籍を確認するためなので、居なければいつ帰社するのかとか、明日は居るかとかの質問をされて、職場で働いている事実があるかを確認します。

 

電話を掛ける人も消費者金融の名前を名乗ることはなく、個人名で掛けてきます。

 

そこはきちんとプライバシーを守ってくれるので、カードローンを申し込んでいることは分からないように電話してくれます。

 

ただ、銀行は銀行名を名乗って電話を掛けてくるのが一般的のようです。

 

個人名のほうがいいのか銀行名で掛けてくれるのがいいのかは、人によって意見が分かれそうですが、ローンの申込だとは分からないようにしてくれます。

 

この在籍確認の方法として、職場に電話するのではなく、書類によって確認してくれる場合もあります。

 

その場合の方法は、社会保険証か組合保険証と、給与明細による場合が多いようです。

 

社会保険証や組合保険証は、国民健康保険証とは違い会社名が記載されているからです。

 

ただ、会社に所属していても現在は休職中で無休の場合もあり得ます。

 

現在働いて一定の収入を得ていることを確認するために給与明細も合わせて提出する必要があります。

 

給与明細には会社名が記載されているものでないとダメで、直近の2か月分を提出する必要があるでしょう。

 

モビットのWEB完結申込では、職場に電話はありませんが、社会保険証か組合保険証を持っていることが条件になっています。

 

あと、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っていることも条件で、これは口座引き落とし用の口座として必要となっています。

 

職場に電話のある在籍確認は、モビット以外の消費者金融では原則必要なのですが、書類での在籍確認をしてもらえる場合があるので、問い合わせてみたらいいと思います。

 

銀行の場合、自行の口座を必要とするものと不要な場合とはあります。

 

口座が必要な場合で職業や勤務会社を登録している場合には在籍確認で職場に電話はない場合もあるようです。

 

関連記事

会社にばれないでお金を借りる〜職場への在籍確認の電話とは