返済しきれなくなったら?

MENU

返済できなくなったら自己破産や任意整理、個人再生といった債務整理

無計画のままドンドン借り入れすると「返済しきれなくなる」という状況に陥ることも少なくありません。何社からも借り入れして、利息を払うだけになっていませんか?

 

毎月設定している返済日に返済できなくなると『返済遅延』『返済滞納』となり、今後の信用状態に影響します。返済遅延、返済滞納しても返済しきれなくなった場合、どうすれば良いでしょうか?

 

返済しきれなくなるという状況に陥ってしまったら自己破産や任意整理、個人再生といった債務整理を進めます。一債務整理に詳しい司法書士事務所や法律事務所に直接相談するのが一番分かりやすいですが、おおまかな内容をご説明します。

 

まずは自己破産。借金などが原因で経済的破綻をしてしまった債務者が、弁済することができなくなった場合に財産(最低限の生活必需品を除いた)を換価し、公平弁済する内容になっています。

 

これで返済しきれなくなった借金を無くすことができる訳ですが、1度自己破産してしまうとキャッシング会社が審査の判断などに使う《信用情報機関》に登録されてしまいます。

 

自己破産の履歴は長くて10年ほど残るので、その期間はキャッシング会社やクレジットカード会社の審査が通過しづらくなってしまいます。

 

次は任意整理。司法書士などがキャッシング会社や金融機関と私的に話し合いをして、借金の減額や和解を求める手続きをする内容になっています。

 

利息制限法と出資法の差で借金の減額、過払い利息の引き直しが可能ですが、自己破産と同様に信用情報機関に登録され、あらたな借り入れができなくなる可能性があります。

 

任意整理の費用は5万円前後が一般的。これは借り入れが1社の場合であり、複数のキャッシングを利用している場合はその分多くかかるので注意してください。

 

最後は個人再生。裁判所を通じて借金をできるだけ減らし、残った金額を分割で支払う手続きを行います。自己破産と違って、マイホームを手放さなくても良くなります。

関連ページ

カードローン返済の仕方
カードローンの返済の仕方は、ATM、窓口やネットバンキングでの振込のほか、自動講座振込などがあります。
自動口座引き落とし
自動講座引き落としによるカードローンの返済方法は、とても便利で安心ですが、残高不足にならないように注意が必要です。
返済期間・回数
カードローンの返済期間や回数は各金融機関や借り入れ額によって様々です。返済計画をしっかり立てているのなら、その計画に合った返済期間と回数を設定しているカードローン商品を選ぶようにしましょう。
返済を怠ったら?
返済をたった1日怠るだけで『遅延損害金』が発生します。
遅延損害金を防ぐ
遅延損害金を防ぐためにも、自分の収入や毎月の支出を考えた上で、確実に返済できる金額を借り入れするようにしましょう。