カードローンの返済の仕方について

MENU

返済の仕方は大きく分けて、ATM、ネットバンキング、自動口座引き落とし

キャッシングしたら必ず返済しなければいけませんが、便利な「カードローン」の返済方法は大きく分けて3つあります。

 

1つが『ATMからの返済』です。

ATMからの返済はカードローンの一般的な返済方法で、返済分の現金を持って直接振り込み返済するかたちになっています。返済した!という実感が欲しい、返済した所をその目で確認したい方はATMからの返済が良いと思います。

 

返済時にかかる手数料ですが、基本的に無料となっているところが多いので、いつでも気軽に利用することが可能ですね!

 

ATMは借り入れしている金融機関店舗内に設置してあるATM(年中無休・24時間営業のところもアリ)やセブンイレブン・ローソンなどのコンビニATM、提携先ATMが対象となっています。

 

設置してある店舗や提携先ATMの詳細は借り入れしている金融機関のHPでいつでも確認することができます、借り入れもATMからできる時代なので、よりカードローンを利用しやすくなっていますね!

 

「近くのどこでも返済」。これがATM返済方法の最大のメリットですが、営業時間内でないと利用できないというデメリットもあります。日中忙しい方や、夜・朝方に返済したいと考えている方には不向きな方法かもしれません。

 

返済は毎月決められた額を支払うかたちになりますが、ボーナスや臨時収入などで金銭的に余裕が出た場合、まとまった金額で返済することも可能です。その場合もATMを利用することができるので便利です!

 

カードローンの返済方法2つ目は「銀行振込とインターネット決済」。

振込用紙を持って、直接提携している銀行窓口へ振り込みしたり、インターネットバンキングを利用している場合、パソコン上で返済することができます。

 

インターネット決済だと外出する必要がないので、人目を気にせずに返済できるというメリットがあります。契約している金融機関が指定するネットバンキングを使用すると手数料が無料になる場合もあります。

 

3つ目は「自動引落」。

この方法も多くの方が利用しています!

関連ページ

自動口座引き落とし
自動講座引き落としによるカードローンの返済方法は、とても便利で安心ですが、残高不足にならないように注意が必要です。
返済期間・回数
カードローンの返済期間や回数は各金融機関や借り入れ額によって様々です。返済計画をしっかり立てているのなら、その計画に合った返済期間と回数を設定しているカードローン商品を選ぶようにしましょう。
返済を怠ったら?
返済をたった1日怠るだけで『遅延損害金』が発生します。
遅延損害金を防ぐ
遅延損害金を防ぐためにも、自分の収入や毎月の支出を考えた上で、確実に返済できる金額を借り入れするようにしましょう。
遅返済しきれなくなったら?
返済遅延、返済滞納しても返済しきれなくなった場合、どうすれば良いでしょうか?