JA(農協)でお金を借りる

MENU

郵便局レベルの全国ネットワークで高い利便性

農協からの借り入れは「JAバンク」を利用する形になります。

 

JAバンクは農協と農林中金とJA信連、この3つの団体が構成しているグループの名称であり、巨大銀行というわけではありません。

 

各金融店舗にはJAバンクの会員マークが提示されています。全労済や年金共済一時払いなど金融サービスが充実しているのが特長。

 

郵便局レベルの全国ネットワークで申し込みや手続きがしやすく、利便性も高いと言えます。

 

JAバンクのローン商品はマイカーローンや教育ローン、リフォームローン、カードローンなど様々ですが中でも人気なのが【住宅ローン】です。新築や増改築、マンション購入など様々な住宅プランの中から自分に合った住宅ローンを選ぶことができます。

 

返済方法や融資額も選択可能、リフォーム資金にも充てることができます!

 

融資金額は10万円以上5,000万円以内、融資期間は3年以上35年以内、返済方法は元利均等返済または元金均等返済の2種類になります。

 

JAバンクをよく利用する方は《JAネットバンク》の申し込みをオススメします。

 

お近くのJA窓口で口座を開設、JAネットバンク利用申し込み書に必要事項を記入して申し込みすればインターネットに接続できるパソコンやスマホから、窓口(ATM)で提供しているサービスを気軽に利用できるようになります。

 

残高照会、入出金明細照会、JAと信連を含む全国のJA支店および他行の国内本支店への振込・振替、振込・振替の処理状況確認、税金・各種料金の払い込み(ペイジーマークのある請求書や納付書の支払いが可能)、モバイルレジ、入出金明細のダウンロードなどなど。

 

農協のローンは銀行やゆうちょと同様、安心して借り入れできる方法だと思います。

 

スピード融資はありませんが、金利は低めに設定されており、怪しい業者に騙される心配もありません。ですが、お金を借りるという事に変わりはないので無理のない返済計画を立ててから利用するようにしましょう!

関連ページ

公庫等でお金を借りる
お金を借りるところと言えば消費者金融や銀行をイメージする方がほとんどだと思いますが、公庫等からもお金を借りることができます。
モーゲージ会社でお金を借りる
モーゲージとは簡単に説明すると《不動産を担保にした貸付》のことを言います。
銀行でお金を借りる
最近では銀行キャッシングでも急な出費に対応でき、審査も消費者金融が行っているので、現在では銀行のカードローンも消費者金融も同じようなサービスとなっていると考えて良いでしょう。
ゆうちょでお金を借りる
急遽まとまった資金が必要になった場合に、大切な貯金を解約せずに資金準備できる貸し付け商品をいくつか取り扱っています。
信販会社でお金を借りる
お金を借りられるようになった現在では、クレジットカードに「キャッシング機能」も付いていることがほとんど。
銀行系大手消費者金融でお金を借りる
消費者金融の利用しやすさと、銀行の安心感を兼ね揃えた【銀行系大手消費者金融】でお金を借りる
中小消費者金融でお金を借りる
一般消費者金融のキャッシングは全体的に見ても金利が高い傾向にあります。
個人(家族以外)からお金を借りる
知人や友人から借り入れする場合、信頼関係が築けているかどうかがポイントです。
個人(家族・身内)からお金を借りる
家族や身内といった個人に借り入れするのは恥ずかしいですし、勇気もいりますよね。