事業用(ビジネス)ローン

MENU

個人事業主の方や中小企業経営者の方などが利用できるローン

事業用ローンはビジネスローンとも呼ばれ、個人事業主の方や中小企業経営者の方などが利用できるローンです。

 

事業用資金に利用でき、担保や保証人は不要となっています。カードローンやフリーローンなど一般的なローンには資金使途の欄に「事業用資金は除く」と書かれていますよね。これは一般的なローンは個人の消費向けの貸し付けであるからなんです。

 

資金使途フリーだからといっても事業用資金には利用することができません。事業用資金として借り入れしたいなら、事業用ローンを利用する必要があります。

 

銀行だけでなく消費者金融系や信販系にも事業用ローンはありますが、大きな額を低金利で借り入れしたいなら銀行の事業用ローンがオススメで、スピーディーに調達したいなら消費者金融系などのビジネスローンがオススメです。

 

また、個人事業主の方が利用する場合も、事業性融資であるため「総量規制対象外」となっています。

 

事業拡大や資金調達のために、いざという時に事業用ローンを利用するために、ビジネクストビジネスパートナーなどの消費者金融系の事業用カードローンを作っておくと良いでしょう。

 

銀行の事業用ローンは一般的に、消費者金融系のよりも金利が低く・融資額が大きいです。事業用ローンの融資額は一般的に1,000万円前後となっていますが、中には5,000万円と大口のところもあります。中小企業や個人事業向けの事業用ローンは、数百万円から1,000万円程度が一般的でしょう。

 

ビジネクストやビジネスパートナーなどの事業用ローンは融資限度額の範囲内であれば繰り返し何度でも借り入れできるというメリットがあります。カードローンのように必要なときに必要なだけ資金に当てることができるので利便性が高いと言えます。

 

消費者金融系のビジネスローンは必要書類も少なく、審査も銀行に比べてハードルが低いので申し込みしやすいと思いますので、用途に合わせてどちらを利用するか考えましょう。

 

ファクタリング

運転資金の調達には、お金を借りずに売掛金を売却して資金調達する仕組み「ファクタリング」というものがあります。

 

安定的な売掛金がある場合はファクタリング会社を利用することも可能です。

 

資金調達プロ ファクタリング

 

 

関連ページ

フリーローン
フリーローンは、使用する目的が定まっていない場合でも利用できるので安心ですね。
極度型フリーローン
フリーローンは資金使途が自由なローンであり、カードローンはその一種となります。融資条件や使い道がフリーと基本的な部分は一緒ですが、借り入れ方法に違いがあるので気をつけてくださいね。
おまとめローン
あらたに手続きしなければなりませんが、おまとめローンで一本化することによって様々なメリットが生まれます。
おまとめローンの紹介
おまとめローンを利用したいと考えているなら、まずは自分の借り入れ総額・現在の収入状況を再確認してください。
マイカーローン
車の値段はピンキリですが、高いものだと何千万もします。『なかなか貯金できないし、現金一括で買うのは無理!』そんな方はマイカーローンを利用してみてはいかがでしょうか?
マイカーローンの種類
マイカーローンは大きく分けると《クレジット形態のマイカーローン》と《金融機関のマイカーローン》に分けることができます。
教育ローン
大学や専門学校の入学金、授業料など教育費を目的として利用できるローンの事を『教育ローン』といいます。
子供にかかる教育費
教育ローンは教育費関連の目的で融資を受けられるローンの事をいいます。
住宅ローン
何千万もかかるマイホームを現金一括で購入できる人はごくわずかだと思います。ほとんどの方がローンを組んで購入しますよね。
住宅ローン(選び方)
住宅ローンは、すぐに返済できるのであれば問題ありませんが、多くの方が長期間で返済することになるので金利の低さは重要となります。