MENU

日本政策金融公庫・住宅金融支援機構

お金を借りるところと言えば消費者金融や銀行をイメージする方がほとんどだと思いますが、公庫等からもお金を借りることができます。申し込み時に用意する書類や審査基準は貸付内容によって異なるので注意してください。

 

消費者金融のようなスピード審査や即日融資は行っていません。公庫等からの借り入れの特長は融資額が大口であること、事業用資金に当てることができるなどです。

 

【日本政策金融公庫】

国民生活の向上に寄与することを目的とする政策金融機関で、国民生活事業・農林水産事業・中小企業事業と大きく分けて3つの業務を行っています。

 

融資制度の種類も様々で、事業を営むほとんどの方が利用できる「普通貸付」から「セーフティネット貸付」「新企業育成貸付」「企業活力強化貸付」「環境・エネルギー対策貸付」「企業再生貸付」「生活衛生貸付」「国の教育ローン」「スタンドバイ・クレジット制度」などを取り扱っています。

 

返済シュミレーションも行えるので返済計画に不安がある方は利用してみると良いでしょう!

 

利用対象者、融資限度額、融資期間はHPで確認してください。資料請求も可能、申し込みはインターネットから行えるので便利です。

 

【住宅金融支援機構】

フラット35や災害復興支援、機構団体信用生命保険特約制度など様々な金融サービスを扱っている支援機構です。

 

住宅に関するローンを組めるので、マイホーム購入の際などに利用検討してみてください。

 

《財形住宅融資》

財形貯蓄残高の10倍の額まで、所要額の90%を限度として融資を受けることが可能!5年ごとに適用金利を見直す5年固定金利制を採用しています。融資手数料は不要。

 

《リフォーム融資》

バリアフリー工事(高齢者向け返済特例制度利用)または耐震改修工事を行う場合に利用できます。基本融資額は1,000万円、10万円単位となっています。スマートフォンサイトも用意してあるので、いつでもどこでも詳細をチェックすることが可能。

関連ページ

モーゲージ会社でお金を借りる
モーゲージとは簡単に説明すると《不動産を担保にした貸付》のことを言います。
銀行でお金を借りる
最近では銀行キャッシングでも急な出費に対応でき、審査も消費者金融が行っているので、現在では銀行のカードローンも消費者金融も同じようなサービスとなっていると考えて良いでしょう。
ゆうちょでお金を借りる
急遽まとまった資金が必要になった場合に、大切な貯金を解約せずに資金準備できる貸し付け商品をいくつか取り扱っています。
JA(農協)でお金を借りる
郵便局レベルの全国ネットワークで申し込みや手続きがしやすく、利便性も高い尿きょうでお金を借りる。
信販会社でお金を借りる
お金を借りられるようになった現在では、クレジットカードに「キャッシング機能」も付いていることがほとんど。
銀行系大手消費者金融でお金を借りる
消費者金融の利用しやすさと、銀行の安心感を兼ね揃えた【銀行系大手消費者金融】でお金を借りる
中小消費者金融でお金を借りる
一般消費者金融のキャッシングは全体的に見ても金利が高い傾向にあります。
個人(家族以外)からお金を借りる
知人や友人から借り入れする場合、信頼関係が築けているかどうかがポイントです。
個人(家族・身内)からお金を借りる
家族や身内といった個人に借り入れするのは恥ずかしいですし、勇気もいりますよね。