自動口座引き落としによるカードローンの返済

MENU

自動口座引き落としによる返済は便利ですが残高不足に注意

【自動引落による返済】は、カードローンのオーソドックスな返済方法ですね。指定の銀行口座から返済額を自動で引き落としてくれるので支払い忘れが無く、日中忙しくて窓口やATMに行けない方も安心です。

 

借り入れするのは期限もなく簡単ですが、返済するとなるとそうはいきませんよね。カードローンの返済には「返済日」があり、1日でも過ぎてしまうと返済遅延になります。

 

忙しい毎日を送っていたり、借り入れしている認識が薄いとついつい返済し忘れてしまいますよね。『まだいいや』と後回しにしている方も多いと思います。返済遅延してしまうと、次の借り入れ時や新規申し込みの際に審査に通過しづらくなるので注意が必要です。

 

返済遅延の事も忘れてしまうと延滞となり、比較的審査の厳しくないキャッシング会社にすら融資を断られてしまうこともあります。毎月決まった返済日に振り込みできるか心配な時は迷わず【自動引落による返済】をするようにしましょう!

 

自動引落されるとメールで報告が届くので確認もしっかり行えます。自動引落って手続きが面倒なのでは?と思う方もいるかもしれません。確かに自動引落の手続きは時間がかかるイメージがありますね。

 

ですが、最近のキャッシング会社には申込・契約書類なしで自動引落を利用できるところもありますので安心です!自動引落による返済ができる消費者金融会社にはアコム・プロミス・モビット・レイク・アイフルなどが挙げられます。どれもTVCMや広告でおなじみのキャッシングサービスですよね!

 

『確実』という意味で安心できる自動引落ですが、落とし穴もあるので気をつけてください。それは「残高が足りなくなること」です。自動で引き落としされるからといって甘くみていると残高が足りなくなり、返済日に引き落としされなかったというケースも少なくありません。

 

給与を振り込んでもらっている口座などを指定するのが一般的ですが、中にはキャッシング会社が指定する金融機関の口座でなければ利用できないところもあります。

関連ページ

カードローン返済の仕方
カードローンの返済の仕方は、ATM、窓口やネットバンキングでの振込のほか、自動講座振込などがあります。
返済期間・回数
カードローンの返済期間や回数は各金融機関や借り入れ額によって様々です。返済計画をしっかり立てているのなら、その計画に合った返済期間と回数を設定しているカードローン商品を選ぶようにしましょう。
返済を怠ったら?
返済をたった1日怠るだけで『遅延損害金』が発生します。
遅延損害金を防ぐ
遅延損害金を防ぐためにも、自分の収入や毎月の支出を考えた上で、確実に返済できる金額を借り入れするようにしましょう。
遅返済しきれなくなったら?
返済遅延、返済滞納しても返済しきれなくなった場合、どうすれば良いでしょうか?