MENU

「子供の教育費」 実際はどれだけかかるもの?

高いと言われている「子供の教育費」ですが、実際はどれだけかかるものなのでしょうか?幼稚園から高校卒業までにかかる教育費の平均を見てみましょう。

 

幼稚園から高校卒業まで約15年間、かかる教育費の平均は【500万円〜2000万円】と言われています。1年で計算すると40万円〜170万円程度となります。全て公立の場合だと平均内で収まりますが、私立の場合だと平均を大幅に超えることもあります。

 

学費、入園・入学のスーツ代、通学費用や学校の行事にかかる費用(修学旅行や一泊研修など)、大学や専門学校に通う場合だと一人暮らしのアパート・マンションの家賃、光熱費、お小遣いなどなど考えただけでも頭が痛くなってしまいますね・・・。

 

子供1人を育てるのに、これだけの費用がかかるんです!こんなことを言われたら教育費を払っていけるか心配になる親御さんもいらっしゃると思いますが、ご安心を。こういう時には教育ローンを利用しましょう!

 

教育ローンは教育費関連の目的で融資を受けられるローンの事をいいます。国が提供している教育ローン、銀行や信販会社が提供している教育ローンなどいくつかの種類があるので、利用する際はピックアップして比べてみると良いでしょう。一般的なのはやはり「国の教育ローン」でしょうか。

 

国の教育ローン申し込みの大まかな流れ

まずは、オンラインで国の教育ローン申し込み受付を行ってください。借り入れ申込書を入手して記入する方法もあります。

 

必要となる書類は運転免許証などの本人確認書類、世帯全員分の住民票の写し、家賃と公共料金の支払いを確認できる最近6ヶ月分以上の預金通帳、源泉徴収票など収入関係書類などです。

 

必要書類を提出したら、審査が行われます。無事に審査を通過したら融資決定となり、契約へと移ります。

 

国の教育ローンを契約する際にも必要書類の提出があるので用意できるものは事前に用意しておきましょう。契約完了で希望の銀行口座へ融資額が振り込みされます。

関連ページ

フリーローン
フリーローンは、使用する目的が定まっていない場合でも利用できるので安心ですね。
極度型フリーローン
フリーローンは資金使途が自由なローンであり、カードローンはその一種となります。融資条件や使い道がフリーと基本的な部分は一緒ですが、借り入れ方法に違いがあるので気をつけてくださいね。
おまとめローン
あらたに手続きしなければなりませんが、おまとめローンで一本化することによって様々なメリットが生まれます。
おまとめローンの紹介
おまとめローンを利用したいと考えているなら、まずは自分の借り入れ総額・現在の収入状況を再確認してください。
マイカーローン
車の値段はピンキリですが、高いものだと何千万もします。『なかなか貯金できないし、現金一括で買うのは無理!』そんな方はマイカーローンを利用してみてはいかがでしょうか?
マイカーローンの種類
マイカーローンは大きく分けると《クレジット形態のマイカーローン》と《金融機関のマイカーローン》に分けることができます。
教育ローン
大学や専門学校の入学金、授業料など教育費を目的として利用できるローンの事を『教育ローン』といいます。
住宅ローン
何千万もかかるマイホームを現金一括で購入できる人はごくわずかだと思います。ほとんどの方がローンを組んで購入しますよね。
住宅ローン(選び方)
住宅ローンは、すぐに返済できるのであれば問題ありませんが、多くの方が長期間で返済することになるので金利の低さは重要となります。
事業用ローン
事業用資金に利用でき、担保や保証人は不要となっているビジネスローン。