カードローンの利用限度額比較

MENU

カードローン・キャッシング比較(利用限度額)

カードローンには、審査や利用状況などによって設定される極度額(利用限度額)があり、その範囲内であれば基本的に何度でも借り入れることができます。

 

利用限度額は利用状況などに応じて、契約額(極度額)を上限とした範囲内で設定されます。

 

利用限度額が高いほど金利は低く設定されますが、一般的に利用実績のない人が最初から利用限度額を高く設定することはできません。

 

最高利用限度額の大きいカードローン

 

<コラム>利用限度額 「信用の尺度」

お金を借りる事への前向きな考え方

私はお金を借りる事には、いろいろな目的はあると思いますが、お金を借りる事は賛成派です。

 

なぜかというと、お金がないことによって自分の生活が制限されてしまうことはもったいないことだと思うからです。

 

借りる金額、借りる場所にもよりますが、大切なことは借りるのは良いが返せる能力や金額がちゃんとしているかどうかです。

 

また、闇金融などの返済に苦労する場所から借りるのは控えた方が良いと思います。

 

金額が少ない場合は、友人、親から借りるのもよいでしょう。金額が大きい場合は利用限度額の大きい銀行やローンを組んで借りるもの良いでしょう。

 

私も、事業をする時に、大きなお金が必要となり、その時にはカードローンを利用して、成功できたという過去を持っています。

 

お金を借りるということは、逆に言えばそれだけの信用があるということです。利用限度額が大きいほど、その人は信用されているわけです。

 

もちろん、自分で得たお金でやりくりできることに越したことは無いですが、大きいものを購入する場合や、なにかやりたいことがある時に、手持ちでは足りない場合、私はお金を借りる事は必要なことだと思います。