MENU

《クレジット形態のマイカーローン》と《金融機関のマイカーローン》

マイカーローンは大きく分けると《クレジット形態のマイカーローン》と《金融機関のマイカーローン》に分けることができます。

 

クレジット形態のマイカーローンは信販会社などが提供しており、ローンの仕組みは普通のクレジットカードを利用した時とほとんど変わりません。クレジット会社が車の購入代金を立て替えてくれるのです。

 

ただし、立て替える際は審査が行われるので注意してください。クレジット形態のマイカーローンは自動車販売会社と提携しているケースが多く、販売会社がローンの手続きを代行してくれるのでスムーズに契約することが可能です。

 

金融機関のマイカーローンよりも金利が少し高いのが難点ですが。金融機関のマイカーローンは都市銀行や地方銀行、信用金庫などの金融機関が提供しており、契約が成立すると契約した方の預金口座に自動車購入の資金が振り込まれます。

 

その資金で自動車を購入し、その後金融機関に返済していくという仕組みになります。金融機関のローンなので、クレジット形態のマイカーローンよりも金利が安いのが魅力。ローンを組むと分割で返済していくので、金利が安い方が総支払額をグンと抑えることができます。

 

ただし、申し込みの代行はないので自分で全ての手続きを行わなければならず、審査も厳しいです。人気のマイカーローンにはTOYOTAのマイカーローン、みずほ銀行のマイカーローン、日立キャピタルのマイカーローン、住信SBIネット銀行のマイカーローンなどがあります。融資条件はそれぞれ異なるので、事前にチェックしておきましょう。

 

マイカーローンの審査基準の中でも重要視されるのが【年収】と【勤続年数】。アルバイトや派遣社員、契約社員の方でも条件を満たしていれば申し込みすることができますが、やはり正社員である方が審査に通過しやすいです。自己破産や債務整理といったローントラブルの経験の有無も確認してください。経験が有る方は正社員でも通過しづらくなります。

関連ページ

フリーローン
フリーローンは、使用する目的が定まっていない場合でも利用できるので安心ですね。
極度型フリーローン
フリーローンは資金使途が自由なローンであり、カードローンはその一種となります。融資条件や使い道がフリーと基本的な部分は一緒ですが、借り入れ方法に違いがあるので気をつけてくださいね。
おまとめローン
あらたに手続きしなければなりませんが、おまとめローンで一本化することによって様々なメリットが生まれます。
おまとめローンの紹介
おまとめローンを利用したいと考えているなら、まずは自分の借り入れ総額・現在の収入状況を再確認してください。
マイカーローン
車の値段はピンキリですが、高いものだと何千万もします。『なかなか貯金できないし、現金一括で買うのは無理!』そんな方はマイカーローンを利用してみてはいかがでしょうか?
教育ローン
大学や専門学校の入学金、授業料など教育費を目的として利用できるローンの事を『教育ローン』といいます。
子供にかかる教育費
教育ローンは教育費関連の目的で融資を受けられるローンの事をいいます。
住宅ローン
何千万もかかるマイホームを現金一括で購入できる人はごくわずかだと思います。ほとんどの方がローンを組んで購入しますよね。
住宅ローン(選び方)
住宅ローンは、すぐに返済できるのであれば問題ありませんが、多くの方が長期間で返済することになるので金利の低さは重要となります。
事業用ローン
事業用資金に利用でき、担保や保証人は不要となっているビジネスローン。