MENU

カードローンやキャッシング比較(金利)

カードローンの金利(実質年率)には下限(最低)金利と上限(最高)金利があります。

 

下限金利(%)〜上限金利(%)」のように表示されていますが、これは実際に適用される金利が個々人によって異なることを意味しており、収入や年齢などの条件から審査によって契約時に利用限度額の設定とともに決定されます。

 

同じ金額のお金を借りる場合でも、利用限度額(極度額)が大きい人ほど低金利で借りることができます。

 

クレジットカードもそうですが、よほどの信用が無い限り、利用限度額は最初から高く設定されるものではなく、利用実績に応じて増やすことができ、結果的に金利を低く抑えることができるのです。

 

過去に実績がなく、はじめて利用する人は上限金利か、それに近い金利が適用される可能性が高いので、下限(最低)金利ではなく、上限(最高)金利を参考にされるのが良いでしょう。

 

上限金利の低いカードローン

上限金利は利用限度額が最も低い契約に適用されるものです。

 

大手の消費者金融が18%程度であるのに対して、銀行のカードローンは15%以下が多く比較的低金利となっています。

 

下限金利の低いカードローン

下限金利は利用限度額が最高の契約に適用されるものです。

 

契約可能な利用限度額の最高額により異なっていますが、上限金利と違って消費者金融と銀行に大きな差はありません。

 

利用限度額が500万円の場合は4%〜5%、同じく800万円〜1,000万円の場合は3%前後〜4%となっています。

 

<コラム>ローンの金利 「金利のない借金ほど危険」

計画的であればお金を借りることも悪くはありません

お金を借りるというと、マイナスのイメージを持っている方が多いですが、計画的な借り入れであれば問題は特にないと思います。

 

年収の平均も年々下がっている状態の中、お金が必要な時もあると思いますので、しっかりと計画を立てた上で借り入れをすることが重要です。

 

また、出来るだけ身内や友人からの借り入れは控えたほうが良いと思います。

 

金の切れ目が縁の切れ目と昔からよく言いますが、現在はサービスの良いキャッシング会社が沢山あり、金利も利用しやすい状況になっているので、気軽に借り入れが出来るキャッシングを利用したほうがトラブルを起こす可能性も低くなります。

 

私も昔両親からお金を借りた経験がありますが、関係が悪化する原因となって修復するまでにかなりの時間がかかりました。

 

キャッシング会社の借り入れは利息もつくので勿体無いと思う方もいらっしゃいますが、ある程度利息がついたほうが返済も必死になるので、借り入れの際にはまずキャッシングを利用する事を第一に検討するのが良いと思います。