MENU

カードローンには主婦でも借りれる女性専用のローンもあります。

専業主婦やパート主婦、OLなど女性の方でもカードローンを利用する事はありますよね?お金に困っているのは何も男性だけとは限りません。

 

最近では、女性専用のローン【レディースローン】という商品があります。基本的な内容や条件は普通のカードローンと一緒ですが、利用する人は全員女性・電話対応してくれるスタッフも女性と、より安心して申し込むことができます。

 

エステやファッション、習い事、資格取得、子供の教育費に生活費・・・お金の問題は常につきまといます。

 

昔から、お金を借りるのは男性だというイメージを持っている女性の中には「お金を一度も借りたことがない」という方も多いと思います。

 

右も左も分からないような状況で、男性のスタッフに相談や手続きをお願いするのはちょっと恥ずかしいですよね。レディースローンなら電話対応はもちろん、カードローンに対しての質問や借り入れ理由の相談、本人確認や契約の手続きまで全て女性のスタッフが対応してくれます。

 

カードローンを利用する事に抵抗はないが、男性と話すのは苦手という方もレディースローンなら安心!少しでも興味を持ったらレディースローンを紹介しているサイトや金融機関のHPを覗いてみてはいかがでしょう。

 

男性は一切申し込みできない女性専用のレディースローンですが、間違わないで欲しいのは「女性だからといって金利や審査が優遇される訳ではない」ということ。

 

レディースローンを申し込む人の中には女性専用だから金利が低い、審査に通過しやすいと勘違いしている方がいます。

 

レディースローンはあくまで《女性の方が比較的抵抗なく気軽に申し込めるローン》ですので、普通のカードローンより低金利であったり、審査のハードルが低いといったことは無いので気をつけてください。

 

お金を借りることに変わりはないので、レディースローンを利用するならしっかりとした返済計画を立てるようにしましょう。返済方法もいくつか種類があるので自分に合った方法を選んでくださいね。

関連ページ

カードローンの実質年率
カードローンの金利は下限金利〜上限金利の範囲で記載されています。
無利息期間のあるローン
短期間の借り入れを希望する方も多いと思いますが、そういった方にオススメの『無利息期間サービス』です!
なんどでも無利息
期間内であれば無利息で借り入れできるカードローンはいくつかあります。
カードローンの利用限度額
カードローンの利用限度額は申し込み内容や個人信用情報機関の情報をもとに、審査によって判断・設定されます。
カードローンの極度額
極度額は契約額であり、最大の融資可能額という事になります。
カードローンを利用できる人
住宅ローンや自動車ローンなどのローンと比べると、比較的借り入れしやすいカードローンですが、一般的に利用できる人はどのような人なのでしょうか?
申込みに必要な書類等
共通する必要書類が『本人確認書類』です。本人確認書類は運転免許証やパスポート、健康保険証となっています。
レディースローンとは
レディースローンの問い合わせは全て女性スタッフが対応してくれます。男性よりもきめ細かく丁寧な対応をしてくれるので安心して相談できます。
審査について(その1)
カードローンの審査に通過しないと、たとえ安定した収入があっても融資を受けることはできません。
審査について(その2)
ちょっとした事に気をつけるだけで、審査の通過率をあげることが可能です。
審査について(その3)
中には何度も審査に落ちてしまう人がいます。注意点を見てみましょう。
担保・連帯保証人は不要
カードローンは基本的に担保・保証人は必要ありません。一時期は各金融機関の窓口に行って申し込み、必要な書類と担保を用意して、保証人を探すと手続きが面倒な時期がありましたが、現在ではそのような事は無いようです。
在籍確認について
カードローンやキャッシングサービスを利用したいとき気になるのが在籍確認ですね。
手数料について
借り入れする時間や返済する方法によっては手数料が発生する場合があります