MENU

ゆうちょ銀行の便利な貸付け商品

消費者金融のように悪徳業者が潜んでいない【ゆうちょ銀行】でお金を借りるのは安全な方法と言えます。ゆうちょ銀行は平成19年10月に当時の日本郵政公社が民営化して誕生しました。

 

北海道から沖縄まで全国に展開する郵便局のネットワークを通じて、幅広い個人向けの総合的金融サービスを心がけています。

 

そんなゆうちょ銀行では急遽まとまった資金が必要になった場合に、大切な貯金を解約せずに資金準備できる貸し付け商品をいくつか取り扱っています。

 

@《財産形成貯金担保貸付》財形定額貯金や財形住宅定額貯金を担保とし、請求時の現在高の一定割合に相当する金額の貸し付けを行います。貸付期間は最長で2年、貸付利率は返済時の約定利率(%)+0,25%。

 

A《貯金担保自動貸付》総合口座で管理する担保定期貯金や担保定額貯金を担保とする貸付です。通常貯金の残高を超える払い戻しの請求がある際、その足りない分が自動的に貸し付けされる仕組みになっています。

 

貸付期間は貸付日から2年、貸付金利は担保定期貯金を担保とする場合→預入時の約定金利(%)+0,5%、担保定額貯金を担保とする場合→返済時の約定金利(%)+0,25%。

 

B《国債等担保自動貸付》総合口座で管理するゆうちょ銀行及び郵便局の貯金窓口で購入した国債を担保とし、自動貸付を行います。貸付金額の上限は利付国債及び個人向け国債の80%まで、1名につき200万円までとなっています。

 

貸付期間は最長1年、貸付利率は貸付時における預入期間1年の定額貯金の約定利率(%)+1,70%。

 

C《スルガ銀行の個人ローン申し込み》住宅ローン・カードローン・フリーローンといった日々の暮らしに役立てられるスルガ銀行の様々なローン商品の申し込みが可能。

 

ローンシュミレーションも利用できるので返済計画も立てやすいです。インターネットから申し込み可能。ゆうちょ銀行はスルガ銀行のローンを代理業者として媒介しています。

 

(注)制度や利率については変更される場合があります。必ず公式HPで確認してください。

関連ページ

公庫等でお金を借りる
お金を借りるところと言えば消費者金融や銀行をイメージする方がほとんどだと思いますが、公庫等からもお金を借りることができます。
モーゲージ会社でお金を借りる
モーゲージとは簡単に説明すると《不動産を担保にした貸付》のことを言います。
銀行でお金を借りる
最近では銀行キャッシングでも急な出費に対応でき、審査も消費者金融が行っているので、現在では銀行のカードローンも消費者金融も同じようなサービスとなっていると考えて良いでしょう。
JA(農協)でお金を借りる
郵便局レベルの全国ネットワークで申し込みや手続きがしやすく、利便性も高い尿きょうでお金を借りる。
信販会社でお金を借りる
お金を借りられるようになった現在では、クレジットカードに「キャッシング機能」も付いていることがほとんど。
銀行系大手消費者金融でお金を借りる
消費者金融の利用しやすさと、銀行の安心感を兼ね揃えた【銀行系大手消費者金融】でお金を借りる
中小消費者金融でお金を借りる
一般消費者金融のキャッシングは全体的に見ても金利が高い傾向にあります。
個人(家族以外)からお金を借りる
知人や友人から借り入れする場合、信頼関係が築けているかどうかがポイントです。
個人(家族・身内)からお金を借りる
家族や身内といった個人に借り入れするのは恥ずかしいですし、勇気もいりますよね。